バイクの写真を加工する

テクニック

ふと自分のバイクをデジタル加工しデザインしたいなと思い作ってみました。

バイクの切り抜き

バイクをカメラで撮影します。私の愛車はカワサキエストレヤ。クラシカルなブリティッシュ系のバイクが大好きなんです。お手軽250ccでトコトコマイペースに走れるバイクです。それはさておき、撮影画像をパソコンに取り込みPhotoshopで開きます。背景はいらないのでパスツールを使って輪郭を切り抜きます。

バイクは細かいの切り抜くが大変ですが、地道に切り抜きましょう。背景が真っ白いところで撮影すれば楽だったかもしれませんね・・・。サイドミラーなどは取り除いてしまいましょう。

大体パスで切り抜き終わったら、背景にレイヤーを追加し白ベタを塗りましょう。

バイクのデジタル加工

白ベタレイヤーを追加したら上のメニューバーの「レイヤー」→「新規調整レイヤー」→「2階調化」を選択し、バイクレイヤーの上に調整レイヤーをつくります。しきい値をディティールが潰れすぎないように確認しながら設定します。このときは175くらいにしました。

タイヤの部分が真っ黒になっているので、少しタイヤの調子を出したいですね。バイクレイヤーの上に新規調整レイヤーでトーンカーブを作ります。トーンカーブでバイクのタイヤ部分を確認しながら明るくしていきます。そして、レイヤーマスクを反転しタイヤの部分だけブラシで白くディティールを出していきます。

バイクのシートや気になる真っ黒になっているパーツは、先程と同様に追加でトーンカーブ作り明るく調子を出します。バイクの輪郭が背景の白に溶け込んでいる箇所があります。輪郭をきちんと出したいと思います。バイクレイヤーをダブルクリックしレイヤースタイルを出します。レイヤースタイルの境界線を押しサイズを6pixにし位置は内側、色は黒で「OK」を押します。そうすると自動で輪郭線がきれいに均一に縁取られいます。これで完成です。いかがでしょうか。


コメント

タイトルとURLをコピーしました